室町前期の刀剣

安土・桃山時代の刀剣

安土・桃山時代の刀剣 日本の刀剣は、慶長時代(1596~1614)以前のものを「古刀」と呼び、それ以降のものを「新刀」と呼びます。
安土・桃山時代のものは古刀の最後の時期に分類されます。
刀鍛冶たちは京都・江戸を始めとした、新勢力である諸大名の城下町を中心として集まりはじめ、また当時の交通・交易の発達によって鉄資材の交流がうながされ、外国製の鉄すなわち南蛮鉄もこのあたりから使用されるようになりました。
刀剣自体の見た目の特徴は、南北朝時代の太刀を大磨上にした体配に酷似しています。
広い身幅をもち、元幅と先幅に開きが少なく、中鋒が延びるものや大鋒もあり、重ねは厚くなっています。
刃長は2尺4寸〜5寸(72.7cm~75.8cm)前後のものが多くなっています。
室町時代を経て、諸大名による戦はもちろん室内での戦闘も増えはじめた激戦の時代であったため、抜刀がしやすく装備も簡単で、丈夫な刀へと進化していきました。
また、簡素な刀から豪華な刀まで、幅広く作られたのもこの時代の特徴です。

江戸時代の刀剣

江戸時代の刀剣 日本刀といっても時代によってその姿は様々に変化しています。
今回はその中でも江戸時代の刀剣についてご紹介していきます。
江戸時代の中期の刀剣は、姿かたちはいたって普通の身幅です。
元幅に比べて先身幅が狭くなっており反りは目立って浅く、鋒も小さく中鋒のつまりごころの形状をしております。
刃長は2尺3寸、今でいう69.7cm程度のものが多かったとされています。
このような独特な体配は寛文と延宝年間に特に中心として多くつくられていました。
そのためこれらは寛文新刀と呼ばれています。
元禄期になると、寛文新刀から新々刀へ移行する過渡期の姿へと変わっていきます。
刀文には斬新できらびやかなものが現れてきます。
反りはわずかに深くなっています。
幕末期には、復古新刀と呼ばれるものが登場します。
特に江戸や土佐が復古刀を唱え、相州物・美濃志津の作風をよみがえらせることを志しました。
そしてその技量は非常に高く評価されております。
刀剣と一言で言っても時代や地域、用途などによって千差万別です。
少しでも刀剣の奥の深さを理解していただけたら幸いです。

新着情報

◎2017/10/31

刀剣買取店の査定
の情報を更新しました。

◎2017/7/25

品揃えの豊富さ
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

刀剣「天羽々斬」について
の情報を更新しました。

◎2017/2/14

刀剣が一番活躍した時代
の情報を更新しました。

◎2017/1/27

安土・桃山時代の刀剣
の情報を更新しました。

「刀剣 江戸」
に関連するツイート
Twitter

今までの刀剣乱舞くんのイベントを振り返って今回の聚楽第で何するか予想したいんだけど大阪城掘って江戸城で鍵集めてうさぎ追いかけて団子食べて花札玉集め楽器集めして経験値集め戦場を周回して…っててんで訳がわからなくて最近は向日葵集めてたり魚集めたりしてたから金品強奪くらいしか…

つーまーり??現状この7つの時代、江戸までは刀剣男士と審神者によって歴史改変は防いでるけども、 ①過去の戦いで改変を防ぎきれず遡行軍へ明け渡すことになってしまった ②刀剣男士を作り出す前にもう改変されてしまったいた このどちらか?の聚楽第を一時的に解放するってことなの

【交換】続 刀剣乱舞 花丸 大江戸温泉 とうらぶ 譲 アクリルチャーム:髭切 湯守り 入浴剤 入浴札:数珠丸、髭切 求 アクリルチャーム:にっかり 入浴札:にっかり、鶯丸、大包平 三点纏めて希望。郵送希望。その他詳細はツイフィにて。難しいと思いますが条件合う方いましたら…

TwitterLAYLA~レイラ~@arkx13_

返信 リツイート 59分前

刀剣展示をしてくれた薬師寺さんもそうだけど、民間人が参加して盛り上げるのはひとえに「面白い」からだと思う。信仰やさらに深い部分はその後で。とにかく最初に「楽しい、面白い」ありきだよね。江戸のお伊勢参りもそうだったし。

Twitter神社で巫女をやるにっかり青江⛩️@miko_aoe

返信 リツイート1 15:55

しばらくは京都市中の極短刀部隊か、江戸市中の極刀剣混合部隊か、に絞るか

Twitter水嶌迦月@7/6悲しみのソワレ@seibendrache

返信 リツイート 15:17

刀剣短くば一歩進めて長くすべし。 ─柳生宗矩(江戸時代 剣術家)

Twitter人生に役立つ名言集@s_meigen_tweet

返信 リツイート 14:04

文明の発展とともに技術は向上し、江戸時代には刀剣の下箱の飾り紐として江戸組紐の生産が盛んになりました。

RT @ULALACUBE: 『日本酒刀剣男士 燭台切光忠』の蔵元は200年以上にわたり受け継がれる伝統の酒蔵「三冠酒造」です。江戸の末期文化3年(1806年)より、岡山の備前・児島の地で酒造りを続けています。小さい仕込みの蔵ならではの全量特定名称酒の酒蔵です。 https:/…

Twitter十六夜@チュン忠といっしょ@izayoizuki16

返信 リツイート 12:58

RT @ULALACUBE: 『日本酒刀剣男士 燭台切光忠』の蔵元は200年以上にわたり受け継がれる伝統の酒蔵「三冠酒造」です。江戸の末期文化3年(1806年)より、岡山の備前・児島の地で酒造りを続けています。小さい仕込みの蔵ならではの全量特定名称酒の酒蔵です。 https:/…

RT @ULALACUBE: 『日本酒刀剣男士 燭台切光忠』の蔵元は200年以上にわたり受け継がれる伝統の酒蔵「三冠酒造」です。江戸の末期文化3年(1806年)より、岡山の備前・児島の地で酒造りを続けています。小さい仕込みの蔵ならではの全量特定名称酒の酒蔵です。 https:/…